小フォント:上付き文字と下付き文字

本ツールでは、ソーシャルメディアに貼り付けて使用可能な、小フォントでのテキストが作成できます。

小(上付き文字)
小(下付き文字)

小フォントとは?

小テキストとは、ユニコード(コンピュータで使用される国際的な文字仕様)の一種で あり、学術論文や研究論文、文書、テキストメッセージ、ソーシャルメディアなどにおいて広く使用されています。 それ自体はフォントではなく、元のフォントに似た小さな文字が使われます。

小フォントと呼ばれるものとは?(下・上付き文字)

文書や論文の中に見られる、入力線のすぐ下あるいは上にある小さな文字を指します。下付き文字、または上付き文字と呼ばれます。

厳密には、線よりも下にあるテキストを下付き文字、線よりも上にあるものを上付き文字と言います。たいてい、このテキストは数字や図形、記号のいずれかですが、文字を含む場合もあります。

例えば、"H2O"における"2"が下付き文字です。

英語での日付 "22nd"における"nd"が上付き文字です。

下・上付き文字を小さくするには?

いくつかの方法があります。例として、以下があります。

  • 小フォント作成ツールを使う:ツールにテキストを打ち込むだけで、自動的にテキストが小さなフォントに変換されます。
  • マイクロソフトワードを使う:下・上付き文字を挿入したり、フォントを下・上付き文字に変えたりできます。

小フォント作成ツールとは?

本ツールでは、素早く簡単にテキストを小フォント、あるいは下・上付き文字に変換します。文字を打ち込むにつれて、ツールが自動的にテキストを小さくします。それをコピーし、使用したい箇所に貼り付けて使うことができます。

ソーシャルメディアのプロフィール、テキストメッセージ、投稿、説明文、メールなどに使用できます。

小フォント作成ツールの使い方

  1. 枠内にテキストを入力する
  2. 小フォントが自動的に表示される
  3. コピーして使う